FC2ブログ

焼津市立病院 看護部ブログ ~ナースのつれづれWEB~

看護部の取り組みや日常の風景などを随時紹介します

志太榛原4病院対抗サッカー大会で優勝!

志太榛原4病院対抗サッカー大会で優勝!

kkIMG_0968.jpg


11月23日(勤労感謝の日)穏やかな小春日和のもと、焼津市の中外製薬サッカー場で恒例の志太榛原4病院対抗サッカー大会が開催されました。
焼津市立総合病院は選手、応援団合わせて約30名が終結し、試合前からまるでピクニック会場の盛り上がりようでした。

1回戦は焼津Vs榛原、島田Vs藤枝の組み合わせと決まり、我がチームは第一試合で出場。
試合開始早々はボールが落ち着かず0-0で進んで行きましたが、前半交代で入った鈴木啓(放射線)がロングシュートで均衡を破ると直後に石上(リハビリ)がペナルティーエリア内で倒されPKをゲット。
これを研修医の大谷がキッチリ決めて2-0。前半終了間際にはまたも大谷がダメ押しの3点目を決め3-0で折り返しました。

後半はベテラン小梁(臨床工学)、増田(検査)を投入し試合を決めにいきました。最後に和田(放射線)のご主人が4点目を入れ試合終了。決勝に駒を進めました。

kIMG_1026_convert_20131128175714.jpg kIMG_0935_convert_20131128175557.jpg
 

第二試合は接戦を制した藤枝が勝ち上がりました。
三位決定戦の第三試合をはさみ第四試合が優勝決定戦。
この数年、毎回、焼津Vs藤枝が対峙する優勝決定戦、負けられない試合です。

試合開始後、前半10分、石上(リハビリ)→鮫島(整形)→杉浦(管理課)とつなぎ、最後は岩倉(放射線)が右足を振りぬき先制しました。その後、藤枝の時間帯には鈴木竜(リハビリ)を中心に攻撃を撥ね返しましたが、一瞬の隙を突かれ一点を返され1-1のまま前半を終わりました。

後半は一進一退の攻防となり相手にPKを与える場面もありましたがGK松浦(検査)の神がかったスーパーセーブ、小林(リハビリ)の堅守などベテランの活躍で守りきりました。試合は延長戦までもつれこみましたが勝敗はつかずPK戦へ。

kIMG_0968_convert_20131128175648.jpg kIMG_0925_convert_20131128175540.jpg

 
PK戦は5人終わってまたしても4-4でサドンデスに突入。
それぞれ6人目が決め運命の7人目。PK戦から松浦(検査)に代わってGKに入った石上(リハビリ)が藤枝のシュートを見事に止め全員の視線が焼津のキッカーに集中。

ここで登場したのが研修医高原。緊張の極に達した高原のボールは大きくゴールを外し勝負は8人目へ。わがGK石上は8人目も連続して止めるスーパープレイ。

勝利の女神を抱き寄せるチャンスを得たのは何故か自信満々の研修医大谷。期待を一身に背負った大谷は見事なゴールを決め激闘に終止符を打ったのでした。

見事優勝を果たし、みなで喜びを爆発させた後、閉会式です。
ここで大会MVPに石上(リハビリ)が選ばれました。
石上は「MVPは僕じゃなくて、応援に来てくれた沢山の人、一生懸命戦った焼津の選手みながMVPです。」と語りました。来年も連覇を目指して頑張ることでしょう。

ちなみに半日にわたり、黄色い声を張り上げ「イケー!」とか「ヘタクソー」と絶叫していた村上応援団長の選んだ裏MVPは好セーブを連発したGK松浦、最優秀新人賞は研修医大谷でした。

ベテランと若手が活躍した素晴らしい試合でした。

kIMG_1255_convert_20131128175738.jpg kIMG_1287_convert_20131128175823.jpg
 
kIMG_1293_convert_20131128175849.jpg kIMG_1343_convert_20131128175921.jpg
 

別窓 | 病院行事
∧top | under∨
| 焼津市立病院 看護部ブログ ~ナースのつれづれWEB~ | NEXT